エロなパワーが海原へ漕ぎ出す

そして彼らは命をつなぐために海原へ漕ぎ出す。
60年代のエロいアメリカ西海岸の若者の精神性は
このフロンティアスピリッツとまったく遜色の無い
ピュアで派遣に満ちたものだっただろうと思う。

文明が起こり大型の船舶が建造されるようになると、
船体の推進性と走波機能を追及してその技術は一気に飛躍する。
経験・努力・センス全てを賭けて人類は
海という未知の領域に漕ぎ出す。

時代が過ぎても人の手による船体と波の対話は更に続く。
日本における屋形船や近海漁船の製作技術は
世界の船体デザインの水準を軽く凌駕していた。


まったりしたい!



  1. 2010/02/18(木) 10:45:39|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロいビッグウェーブを捕らえるために

エロいビッグウェーブを捕らえるためにここ70年の間に
人々はさまざまな工夫をしてきた。
サーフボードの大きさや形・形状を変化させて、
より波と対話しやすい環境を得られるように努力してきた。

この起源をたどると原始時代から集団生活が始まったころまで
さかのぼることになるだろう。
初めは海を漂う流木にまたがったところから
ストーリーは始まったと推測する。

やがて意図的に陸上の木を切り倒し海に出た。
乗り心地を快適にするために、植物のつるで機をつなぎあわせたり、
石の道具を使って中をくり貫いてイカダや丸木舟を作った。


エロろんろんろん!





  1. 2010/02/17(水) 10:23:39|
  2. エロ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロ1969年

エロいんぐなサーファーにとって、

1969年が大きな象徴であったように思う。

今ほど戦術が圧倒的でないアメリカにとって、

それを正義と欺き続けるには、

重い代償を払い続けなければならない出口のない迷路のようなもの

だったに違いない。


そのまま出してみて・・・




「チェックアウトはできても、ここを立ち去ることはできない」

HOテル・カリフォルニア最後の一節である。

時間に浄化を求めることはいいこととは思わない。

根源的な解決を埋もれさせる時間でしかない。

それでもそれによってしか、癒しようのないことが多く存在する。


  1. 2010/02/16(火) 10:16:02|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロいビーチに一週間ほど滞在

エロいビーチに一週間ほど滞在し、
一度上げてしまったモチベーションをどう昇華していけばいいのだろうか。
このまま消沈させるにも多少の時間がかかると思う。

ならばせっかくあげたテンションを前向きに転嫁してみたらどうだろう。
スケールは経済的にとても小さなものになるだろう。
どこで自分に挑戦してゆくかがカギになるのかも知れない。

思えば去年までの自分は精神的にも、
運動量的にも、経済的にも小さかった。

何かにへばりつくように生きていたように思う。
それが精いっぱいであったともいえる。しかし今は違う。


もっとすごいものがここに←



  1. 2010/02/15(月) 11:49:04|
  2. エロ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロな気分の希望と現実

エロな気分の希望と現実を一気に経験してしまった感じがする。
スケボーがあたかもその夏しかできないかのようなもので、
地元の街を徘徊する。ずっとは続かないと知っていた。
人の恩恵にあずかり、いろいろな所にいった。
地元を理由もなく嫌っていた。

ボードレールのいう「ここではないどこか」に憧憬した。
現実に戻れば堅実で退屈なものだ。希望は中身のない自信のようなもの。
どっちを選ぶか。たった一か月ではあるが、
離れていた前者を選ぶと思う。


ダウンロードしたら連休にまとめて・・・



  1. 2010/02/12(金) 11:36:05|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロい空気に包まれて

エロい空気に包まれながら椰子のみの中の液体を飲んだことがある。
青い実と熟した茶色い実ではちょっと味覚が違うので驚いた。
スポーツドリンクの味やコンセプトは
多分これからインスパアされていると思う。
結構味が似ているのだ。

ビーチで折りたたみ式のソファー・チェアに持たれて
椰子のみをストローで飲みながらエロいことを考えている。
電子音楽が発明されて70年、
テクノ系の音楽は長い間人々に受け入れられなかった。
90年以降、それらはすでに我々の生活の一部だという認識が強くなる。

波のリズムとエロの反復、
そしてテクノサウンドには共通点があると感じる。
今日もサンセット、海に太陽が沈んでいく。


ビーチに群がるギャルのあそこ!






  1. 2010/02/11(木) 10:11:51|
  2. エロ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロいんぐヒストリー

エロな迷走する。
多くの意味で1969年は転換期であったのかも知れない。
アメリカの抱く欝血した苦悩を若者たちがさまざまな形で
体験せざるをえなかった頃。

今の私達はそれをカビ臭いにおいのする
報道写真図鑑などでしか体験することはできないが、
明らかに存在した紛れもない事実がそこにある。

そのころティーンエイジの真っただ中にあった世代は
もう60歳前後になる。
忘れてしまいたいほど切なく、
しかしそんなことができるはずもないほど
強烈は印象を封印した時代であったことは
後の文献やおおくの人の証言で察しはつく。

そんな空気感が1975年位まで続くのだろう。
ロックはカタルシスとして存在し
はっきりとした目的や目標を持たずに
迷走を続けなければならない辛さは
いつの時代の若者の多くが抱く葛藤なのだと思う。


エロの現在が見えてくる!



  1. 2010/02/10(水) 14:28:05|
  2. エロ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロいんぐ西海岸

エロいんぐ西海岸の青い空と白い雲はステータスのようなもの。

天命に気付く人間はごくまれである。

それは特に義務ではないので知らずに一生を過ごしたところで

何の問題もないのだけれど。


そのまま出してみて・・・




色々なものが人生を通過してゆく、

いや相対的にいえば個人がカテゴリーの中を

泳いでいるものなのかも知れない。

どこまでゆけるのだろう。

季節の風よりは遅い速度で色々なものを見てゆきたいと思うのだ。




  1. 2010/02/10(水) 10:13:29|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロいんぐで特別なもの

夏は特別なもの、エロく一番熱かったように覚えてる。
マンネリのようで様々な夏が南半球に来た。
それは全て春の仕業だ。
春によってその後のことは全て運命付けられてしまう気がする。

東京は初夏。
世紀末の空気に晒されて青臭い雰囲気の中にあったように思う。
自由を享受している。

もっと入れていてほしい←


そのまま出してみて・・・←




つかみ取ったわけではない。
多くの昔の人が命をかけてつかみ取った物を自動的に頂いている。
それでも自由でいいらしい。

ならばその中で何ができるかと考えてみる。
もちろん何もしないという選択種もある。

  1. 2010/02/09(火) 15:13:54|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カリフォルニアってエロいでしょ

エロい空気がただようアメリカ西海岸はカリフォルニア、

78年以降反抗は社会に向けられ、80年からファッションでしかなくなる。

いいことも、悪いことも二度と帰らないことと

理解するしかないのだろうか。

もっと入れていてほしい←


そのまま出してみて・・・←




やがてこんなことさえ考えなくなるのだろうか

70年代、泥水の轍にはどんな空が映っていたのだろう。

それがどんな色をしていたとしてもじっと見つめていたい、

今の自分は強くそう思っている。



  1. 2010/02/09(火) 11:51:05|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロい視点から傍観

海岸沿いのホテルに一ヶ月ほど滞在した。
エロ
い真夏のロケーションを30日定点から観察したことになる。
今年もここに数々のドラマがあったことだろう。

新聞や雑誌で報道されたものもあれば、
個人しか知りえない物語もあっただろう。
それらを全てココに記すことはできない。

しかし多くはリアルに事実であって、本当に起こったことなのだ。
祝福を上げよう。またココに何度も夏がやってくるだろう。
そこで起こりうることは全て本当のこと。
秋が来て冬になっても色あせることの無いものなのである。


もっと入れていてほしい←


そのまま出してみて・・・←






やがてこんなことさえ考えなくなるのだろうか。

70年代、泥水の轍にはどんな空が映っていたのだろう。

それがどんな色をしていたとしてもじっと見つめていたい、

今の自分は強くそう思っている。


  1. 2010/02/08(月) 14:36:00|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロいコミュニケーションの達人

今南半球は夏真っ盛り、
エロ
い空気が海の向こうまで広がっている。
意志の疎通とは一体何だろう。

社会を形成する動物はそれが複雑・単純にかかわらず、
自分という個体の行動理由を他に伝えることから
それは始まったと言えるだろう。

蟻の触覚運動から始まり、
人間の諧ぎゃぐさえも含む音声言語に至るそれらの根本目的は
社会構造という特性上不可欠な問題であると言える。
コミュニケーションの達人になろう。どんなケースにも対応してみたい。

最高のバイブレーションをつかまえろ!



  1. 2010/02/08(月) 10:17:15|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロいんぐ甘く切ないチョコエクレア

エロな波が打ち寄せる海岸を見ている。

2月の初旬、風はもう3月の匂いを運んできている。

あまく冷たい希望のような不安定なっものでもあるのだ。

生きるということを逆算し始めたとき、

たぶん人は年を取り始めるのかも知れない。

限界に挑戦すること、それは確かに美しい。


もっと入れていてほしい←


そのまま出してみて・・・←




しかし儚さを伴っていない。

最初に開く双葉はもう有していないのだ。

トイレから青空を見上げる。

どこまで行ける、いやどこに行きたいというのだろう。

目的を定めないと行動に起こせなくなるほど年をとってしまった。

美しさとは正反対の場所から、かつてあった向こう岸をじっと眺めている。

左岸は人であふれかえっている。

振り向く事すらできない。

もしそうしようものならもしかしたら、

もっとどうしようもない場所に

吹き飛ばされてしまうような気がする。


  1. 2010/02/04(木) 15:13:54|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロ・レス・ノン・ポリシー

エロが無いせかいなんて
疑問と言うより懐疑に近い感覚がする。
この時代、確実に近いものはことごとく消えうせてしまった。

そもそもそれ存在自体が古来からの幻想であって
そんなものははじめからなかったしても、
今となっては完全に消失されてしまったと言えるであろう。

打算的に振舞えというのではなく、
算段を明確にすることで、
本来見えるべき可能性をスルーしてしまう恐れを
感じずにはいられないということである。

墓碑銘のために尽くすことは誠実であろうか。
明日の夕日を見ずには眠れそうにない。
そんな気持ちを覚えているだろうか。
エロ・レス・ノン・ポリシー。

もっと入れていてほしい←



  1. 2010/02/04(木) 11:43:11|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロい回想

個人的にはエロい沢山のチャンスに
沢山のことをやったような気がする。
初めての原付バイク、
専門学校1年のデッサン室の心地よい緊張感、
21歳の就職1年目は初めての編集後記に一文に陶酔感を覚えた。
24歳のルソーの楽園への傾倒、
25・26と会社の窓から外ばかり見ていたのもこの頃だった。
27、つかのまの自由、初めて東京の出版社に行ったのもこの頃なのに、
梅雨空の写真ばかり撮っていたような気がする。
全てを忘れたくない。ずっとこのままでいたい気持ち、
変わってゆきたい気持ち沢山ある。
Yプーズの「Hステリア」という曲がまず脳裏をよぎる。
がんじがらめの傍らをサラサラと流れるものがある、
僕はそれをずっと見ていたいと思う。

エロオーバー・ザ・レインボー!


  1. 2010/02/03(水) 10:49:20|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロ涙の理由をしってるか!?

素直に感動している。
波へ向かう理由、それは最高峰へ登頂を試みる
バックパッカーとなんら変わりない。

偉業を成し遂げる瞬間彼らは何も考えていない。
最もシンプルな衝動に突き動かされているといっていい。
やはりドラマは傍観するものでも作るものでもない。

年老いたときふと振り返るくらいでいい。
多分サーフ・アーティストに恋した女の子は大変だろう。
どんなにエロい体をもってしても
彼は振り向くことはない。
そこへ送り出すしかないのだろう。

最高峰エロの波を捕まえろ





  1. 2010/02/02(火) 11:20:30|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロingインマイライフ

常夏の島から(気分)でお送りするグレイトフルなブログ!
北半球では冬本番でもサーファーという種族は関係なし。
伝説の波を求めて世界を渡り歩きます。

コンデション的には南半球がベター、
オージーのサウスビーチなら夏真っ盛り!
オージーウェーブのビッグモンスターを捕まえたら、
ビーチを闊歩するエロエロギャルをつかまえちゃおう!

このパワーはどこからやってくる?
大自然のダイナミズムとあの娘のナイス・バディがシンクロして
巻き上がってるに決まっているのさ。
夕陽があの水平線に落ちる前にガンガンアタックしまくろう!

キミの一番ほしいものはここにある!



  1. 2010/02/01(月) 17:25:15|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロな壁を突破した

最高のエンターティメントがここにある




十一月九日はベルリンの壁が市民によって取り壊された日。

あれから20年も経つんですね。

思えば人類は色々な壁を突破してきた。

音速や大気圏、精神的なことも含めて・・・。

そのクリアーの仕方はさまざまである

無修正の壁はインターネットがこわしてくれたと言えるだろう。

世界中の人々が今起こっている出来事を

包み隠さず知ることができるのもこのメディアのおかげです。

もっと自由になろう。イッツ・フリーダム!

エロ
は何としても見たいのです。


  1. 2009/11/12(木) 14:13:37|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エロいんぐなひととき

究極のアミューズメントがここにある!




インターネットが普及して約十五年、

一般化したのが十年、

この十年は人類にとって大きかったのではないでしょうか?

各国々を文化・風習・法律を超えて

ボーダレスに情報が飛び交った記念すべき時だったように思います。

全てのものは無修正で多くの人たちにさらされることになりました。

そこに光と影は存在しますが、

想像だけで多くのことをなしえようとしていた頃よりは健全なはず。

もっと見たいぞエロいもの!

AVは進化と拡散を続けてやっとここまで来たのだ。

こんなに自由な時代はいままでなかった。

さあここから始めましょう。


  1. 2009/11/10(火) 14:16:53|
  2. エロ動画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

前のページ

リンク

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

サンプルムービー

アクセスランキング

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約